DSCF6318.jpg
 柏神社は、山形県の出羽三山(月山・湯殿山・羽黒山)にそれぞれ祀られる神々を羽黒山に合祭し三神合祭殿と称して鎮座する出羽神社と、京都・祇園に鎮座する八坂神社の合祀社であり、正式名称は宗教法人羽黒神社である。
 御祭神は、月山神社の月讀尊、湯殿山神社の大山祇命、大己貴命、少彦名命、羽黒山出羽神社の伊氐波神、稲魂魂命、八坂神社の素盞嗚尊とその妃稲田姫命が祀られている。
 出羽三山に祀られる神々がこの地の近くに迎い祀られたのは万治三年(一六六〇年頃)と言い伝えられている。そこに祀られていた羽黒神社、その他、この地域に祀られていた神々が現在のこの境内に移されたのは明治二十一年(一八八〇年)となる。一方、八坂神社は万治四年〜寛文元年(一六六一年頃)当時流行した病より人々の命を守るため、この境内に祀られた。その昔は天王様と呼ばれこの地域の人々に信仰されていた。

 古より出羽三山は一山として信仰され、羽黒山は現世利益を、月山は死後の平安を、湯殿山は生まれ変わりを約束する山として参られてきた。

◆出羽三山とは羽黒山・月山・湯殿山を合わせた総称。古修験道の山として古くから信仰を集め、出羽三山全体がパワースポットとされています。その中で全国的にも特に珍しい「三神合祭殿」国宝の「五重塔」「二四四六段の階段」樹齢三〇〇~五〇〇年ともいわれる杉が生い茂る羽黒山山頂の三神合祭殿 羽黒山出羽神社にもぜひお参りください。


〈主な祭礼〉
・1月1日 元旦祭
・2月3日 節分祭
・7月17日、18日 夏季例祭
・10月19日、20日 秋季例祭


 
御祭神
 
◇ 羽黒神社 (三神合祭殿 羽黒山 出羽神社)

 月讀尊 諸願成就、農業守護、五穀豊穣、海上安全

 大山祇の命 安産、健育保護
 
 大己貴の命 縁結び、子授、金運、商売繁盛、五穀豊穣、交通安全 
 
 少彦名の命 病気平癒、身体健全、国土平安
 
 稲倉魂の命 商売繁盛、家内安全、大願成就
 
 伊氏波神 出羽国の国魂 


◇ 八坂神社

 素戔嗚の尊 厄除、災除、交通安全

 稲田姫の命 縁結び、学業