神宮のお神札は「神宮大麻」(天照皇大神宮)と呼ばれ、お正月を迎える前には日本全国の神社を通してお配りされています。

古くから私たちの家庭では、神棚に神宮大麻と氏神様のお神札をお祀りし、神様に日々の感謝を捧げ、家族の幸せを祈ってきました。神様を敬い、感謝を捧げることは親から子へ、子から孫へと受け継がれる「日本人の美しい心」です。
 
神宮大麻と氏神様のお神札をお祀りすることは、その心を継承することであり、神棚は神様と家庭とを結ぶ絆なのです。
神宮大麻は節目ごとに様々な祭典を重ねて、皇室の弥栄、国家の安泰、各家庭の平安を祈りつつ一体一体丁重に奉製されています。
 
お正月を迎える前に、新しい神宮大麻と共に、地域をお守り下さる氏神様、鎮守様のお神札を一緒にお祀りして、ご家庭の一年の無事と幸せを祈りましょう。

※伊勢神宮は正式には神宮となります。
  • Black Instagram Icon